廃車情報.jpでは、自動車の廃車手続き、自動車リサイクル法、廃車費用や廃車料金など、ユーザーの方にはわかりにくい情報を詳しく解説しています。

廃車引取り無料相談フォーム

ここからの申込は全国対応をしている当サイト運営会社にて受付けさせていただきます。

廃車情報.jpトップイメージ

廃車された自動車はどうなる?

中古車として流通出来ないくらい古くなった車でも、パーツにばらして海外に輸出されたりしています。日本車のパーツは海外ではネジ一本でさえ、とても貴重なのです。

また、自動車の部品を形成しているアルミなどは溶鉱炉で溶かしてリユースされます。

きちんとした設備が整った解体工場では、液抜きという工程で、ウォッシャー液、ラジエター液、エンジンオイル、オートマチックオイル、ブレーキオイルなどの廃油をすべて抜き取り、すべての部品をきれいにばらして解体するため、埋め立て処分されるシュレッダーダストは極めて少なくなります。

地球環境のためには、地方自治体から許認可を受けた解体工場で処分することが必要です。

全国廃車業者一覧

お住いの地域の廃車引取り業者を以下からお探しいただけます。

北海道
 
青森
秋田 岩手
石川 山形 宮城
富山 新潟 福島
福井 岐阜 長野 群馬 栃木 茨城
山口 島根 鳥取
京都 滋賀 埼玉


福岡 広島 岡山 大阪 奈良 三重 愛知 静岡 山梨 東京 千葉

大分 和歌山 神奈川
宮崎 愛媛 香川
高知 徳島
鹿児島
沖縄

われわれに出来ること

新車購入時や車検時に私たちが支払うことが義務づけられている自動車リサイクル料金は、自動車解体業者がフロンガスの回収その他適正処理を行なうためのコストなどに使われています。

とくに、エアバッグは爆発する危険もあるので解体処理が難しく、処理コストも高くつきます。

不要になった自動車車は放置せず、解体専門業者に引取りの依頼をしましょう。

廃車で損しないためには?

あなたが価値のない自動車と思っていても、まだまだ中古車として流通出来る可能性のある自動車もたくさんあります。

つまり、廃車になるはずの車が中古車として買取りされるケースもあるので、その場合は、費用はかからず、逆に買取り料金が支払われます。

廃車専門業者に依頼する場合は、解体処理されるのか、中古車として流通するのか、しっかりと尋ねておいた方がよいです。

自動車のイラスト